性別と命名

姓名判断では、男の子の赤ちゃんと女の子の赤ちゃんで、命名する方法に大きな違いはありません。
最近は男女どちらとも取れるような名前や、男性なのか女性なのかさっぱりわからない変わった名前も多くなってきました。
既成概念にとらわれない斬新な発想であるとも言えますが、名前の文字にはそこに込められた意味があります。

かつては、男の子には男性らしい名前をつけ、女の子には女性らしい名前をつけていました。
そして、その時代の世相を反映した名前をつけることがよくありました。
たとえば、大正から昭和中期の食べ物が今ほどない時代にかけてつけられた名前には、「実」「稔」「茂」「豊」の名前が非常に多く、当時の親たちは豊作を願い、子供にとにかく食べ物に困らない人生を送ってもらいたいと願って命名していました。
太平洋戦争が始まったときは「勝」「勝利」と言う名前が男の子の名前のトップ10に入っています。
国家の命運がかかった戦争に勝つことを願っていたのがよくわかります。

女性の場合は、結婚を前提として豊かに幸せになってもらいたいということから、「幸」「節」「美」「恵」「久」の文字が多く使われています。
かつては女性の美徳のひとつに貞節を守ることが重要視されており、「節」「貞」の文字もよく使われていました。
そして昭和に入ると、女子の名前に「和子」が急増します。 昭和の「和」から取った名前なのでしょう。

昭和四五年に大阪で開催された万国博覧会以降、名前に対する日本人の意識は変化します。
外国への憧れは消え、「香」「樹」「翔」「葵」「麻」「桃」「萌」「咲」「彩」「梓」など和風の文字を使った名前が目立つようになります。

2005年生まれの子供の命名においては、最も多かった名前は、男の子が「翔(しょう)」くん(画数12画)と「大翔(ひろと)」くん(画数15画)で、女の子が「陽菜(ひな)」ちゃん(画数23画)でした。
男の子の名前は、空高くかけめぐるイメージの「翔」の字に人気が集まり、4位にも「翔太(しょうた)」くん(画数16画)というのが入っています。
女の子の名前は、トップの「陽菜」ちゃんのように2音で、明るさをイメージできる名前と「美」の字を使った名前が目立って多いのが特徴です。
ちなみに女の子で「子」の付く名前は45位の「莉子(りこ)」ちゃんが最高だったそうです。
世相の違いにより、命名される名前の変化がよくお分かりいただけると思います。

男の子

名前(読み方)2004年順位2005年順位
翔(しょう)7位1位
大翔(ひろと)5位1位
拓海(たくみ)3位3位
翔太(しょうた)3位4位
颯太(そうた)2位5位
翼(つばさ)10位6位
海斗(かいと11位7位
輝(ひかる)22位7位
太陽(たいよう)25位9位
大和(やまと)34位9位

女の子

名前(読み方)2004年順位2005年順位
陽菜(ひな)4位1位
さくら1位2位
美咲(みさき)1位3位
葵(あおい)8位4位
美羽(みう)12位4位
美優(みゆ)15位6位
凛(りん)3位7位
七海(ななみ)5位8位
美月(みづき)19位8位
結衣(ゆい)8位8位

よく聞く話では、16画、21画、23画、32画は女性に不向きだということ。
この画数を用いると「結婚できない」とか「子供に恵まれない」とか女性にとってはあまり良くないことを言われますが、この画数は数ある画数の中でも選りすぐり吉数たちです。
16画、21画、23画、32画に共通している意味は、社会的な成功、外交的、社交的、リーダーシップなどです。
吉数なのに女性は使ってはいけないといわれている理由として、姓名判断が注目されるようになった明治時代は、家庭を守り、御淑やかに生きる姿が女性の理想像だったため、外交的、社交的に生きれば、世間的な風当たりはきつくなるだろうという配慮から、吉数だが女性に不向きと判断されたのではないかと思います。
今は、当時と比べ、時代は大きく変わりました。
こういった画数を女の子に用いるのも問題はありませんが、命名された文字には、その命名文字の持つ意味が生まれてくる赤ちゃんに何らかの影響を与えるということも十分考えられますので、画数のバランスや内容にも気を配り、どのような願いを込めて命名するのかを考慮する必要があります。
名前というものはその人自身を表すものですから、あまり特殊な名前ではなく、普通に他の人にも“名前”だということが理解できるもので、見れば性別がわかるというもののほうが本人にとっても周りの人にとってもいいのではないかと思います。

しあわせ命名では、産まれてくる赤ちゃんの名前は、男の子は男らしく、女の子は女らしい名前を、正しい姓名判断に基づいて名づけるのがよいと考えています。