流派について

姓名判断にはいくつかの流派があります。
それぞれの流派によって鑑定の仕方や画数の数え方が微妙に違っていたりします。ある鑑定では「凶」と言われ、別の鑑定では「吉」だと言われることも多々あります。

現代の日本で行われている姓名判断は大きく二つに分かれます。
一つは、昭和初期に日本で姓名判断の普及にもっとも貢献されたといわれる熊崎健翁先生が確立したものです。
この方法は、文字の成立や意義から画数を数えるというものです。たとえば、「くさかんむり」では、通常、私たちが使っている漢字で書くと「三画」となりますが、この方法で画数を数えると、「艸」となり「六画」となります。また、「さんずい」では、通常「三画」ですが、「水」としてとらえ「四画」となるわけです。
この鑑定方法は、それまでは一画一画を自然な画数で数えていた方法を革新した画期的なものでした。
現在も伝統的な字画の数え方として多くの鑑定士の方がこの方法をとっています。

もうひとつの方法は、実際に名前を書く時の筆遣い通りに計算する方法です。
この方法は筆勢主義と呼ばれ、毎日書いている姓名に霊意が生まれ、運勢に影響を与えると考えます。この方法は、漢和辞典に書かれている文字の画数を基本にし、こちらも多くの鑑定士の方がこの方法を採用しています。

日本での姓名判断の源流は、古くは弘法大師が唐から多くの学問を習得して帰国したのち著した「聲字相義」にあると云われており、鎌倉時代以降の武家の間では「反切法」という姓名判断が活発に行われたと伝えられています。
たとえば徳川家康が、松平から徳川に改名し運勢を高めた話は有名で、その他にも歴史上、たかが姓名判断と軽く考えられないような逸話がいくつも登場します。

それでは、赤ちゃんの命名を考えた場合、どの流派を選ぶことが理想でしょうか?

しあわせ命名では、筆勢主義とは少し異なった、戸籍法という方法を採用しています。

これは、戸籍に記された姓名を漢和辞典に書かれている画数通り数える方法です。
しあわせ命名において戸籍法を推奨するのは、この世に生命が誕生し、命名され、役所に出生届を出した時の姓名に、その人の運勢が発生すると考えるからです。
戸籍に姓名が刻まれることにより、その姓名は公的・社会的なものとなります。

また、運勢というものには、名づけた親の潜在意識やその背後にある先祖の思いが反映されると考えます。親が明治や大正生まれの人ならば、文字を旧字体で習い、旧字体で考え、命名しています。また親が終戦後生まれた人ならば、普通は新字体で考え、命名します。その意識が反映されるのが戸籍です。そのためしあわせ命名では、この戸籍を重視して鑑定を行います。

たとえば、「沢田さん」という方が、日常、「沢」という漢字を使っていても、戸籍には「澤」とあれば、まず、「澤」の画数で鑑定します。
「渡辺さん」の場合、戸籍が「渡邊」ならば、「邊」での鑑定を優先して行います。

しあわせ命名では、長年の鑑定実例を元にして研究し、多くの鑑定結果から経験的に、この鑑定方法がもっとも的確な赤ちゃんの命名方法だということを確信しております。
また、実際に鑑定された方の本質的な課題を的確に言い当てるとともに、ご本人も納得されることを多く体験したものです。

しかし、各々の流派の方々が、各々の経験に基づいて判断されていますので、ここで、あの流派は正しくて、あの流派は間違っているという判断は申し上げられません。ただ、プロの鑑定士として、最低限、押さえておいた方が良いポイントをお伝えいたしますので、参考にしてください。

  • 新字体と旧字体、戸籍法と筆勢法など、鑑定方法を明確にし、その理由をハッキリ答えることができる鑑定士。
  • 生年月日も判断材料としている鑑定士。
  • ご家族の名前や生年月日も用いて、総合的に鑑定してくれる鑑定士。
  • 姓名判断(画数)だけで鑑定する鑑定士は×。
  • 鑑定料が適正であるか。
  • 何よりもご両親の希望を尊重する鑑定士。

どんな流派であろうとも、どれだけ多くの人を命名してきた鑑定士でも、赤ちゃんのことを心から思うお父さんとお母さんの気持ちが一番大切です。
あくまでも命名に関しては、お父さんのお母さんが一緒に納得するまで考え、相談しやすいと思う鑑定士と一緒に考えることが出来れば良いのではと思います。