命名のお話

  • 命名で大切なこと

    命名で大切なことは、お父さんお母さんがこれから産まれてくる赤ちゃんのしあわせをを願って命名することですが、名前の文字の意味合いや呼び方はもちろん、画数にも気をつけるとより、理想的な命名が可能となります。

  • 出産日と命名

    命名学の観点からのみ申し上げれば、「出産後」に名前を決めることが理想です。
    その理由は、産まれてくる赤ちゃんの運勢は、命名する「名前」だけでなく、「生年月日」というものも大きく影響してくるためです。

  • 流派について

    それぞれの流派によって鑑定の仕方や画数の数え方が微妙に違っていたりします。ある鑑定では「凶」と言われ、別の鑑定では「吉」だと言われることも多々あります。

  • 新字体と旧字体について

    しあわせ命名では「新字体」か「旧字体」かということよりも、現実に日々の生活で実際に使われる名前こそがその人にとっても周りの人にとっても意味のあるものであると考えます。

  • 性別と命名について

    名前というものはその人自身を表すものですから、普通に他の人にも“名前”だということが理解できるもので、見れば性別がわかるというもののほうが本人にとっても周りの人にとってもいいのではないかと思います。

  • 吉数と凶数

    名前を吉数にしてあげることも重要ですが、その根本には本当にその子の幸せや家庭の幸せを願うお父さんお母さんの愛情が絶対に欠かせない一番重要な要素であると私たちは考えています。

  • 画数の吉数・凶数一覧表

    姓名判断では姓の最後の一文字と名前の最初の一文字を足して算出する人格をとても重要視しますが、実際は、五格ニ運(天格、人格、地格、外格、総格、社会、家庭)に沿った総合的な判断が必要です。