数意と姓名

7系列(金の陽)

『7、17、27、37、47、57、・・・』

【数意7の意味】
7(七)は、3数(陰陽和合数)と4数(破壊数)を加えた数であり、また、5数(中央数)と2数(分離数)を加えた数でもあります。それで、繁栄と衰亡の吉凶両面を含むという数意が生じ、自我独立、権威、万難突破の気力と行動力、天賦の精力を有する等の吉面の誘導力と頑固、頑迷、他人との摩擦等の凶面の誘導力の二面が出てきます。


【金の陽】
数意7は五行(木、火、土、金、水)では、かのえ(金の陽)であり、鉱物(金属)、原石を意味しています。

7数は鉱物(金属)を表しており、よく鍛えた刀剣のように、切れ味が良く、知略に優れ、強い実行力があります。また、硬い金属ですので、意志強固で自我自説を貫き通す信念を持っていますが、反面、他人との同調性、融和性に欠けるきらいがあるので、人間関係や社会生活で摩擦を起こしぶつかることもあります。

原石は磨かれて光ります。すなわち、7数はすばらしい可能性を持っていますが、自己啓発できるか否かで吉凶が分かれてきます。そのために、小さいころからの育った環境や人間関係等がどうであったかが重要になります。


【心理、性格、行動様式】
男女ともに自信家で、権威を好む傾向があります。また、勝気、強気で他人の意見を聞かない頑固さがあるため、ときには「右を左だ」と言ったりする、あまのじゃくな面を持ちます。

新しいものに対する憧れ心、開拓心の強さから、知識欲は旺盛で、何事にも積極的な行動をとります。初志を貫いて、大志大業を成就する成功運を持っていますが、対人関係では摩擦が多いため、大いに修養、自戒することが肝要となってきます。とても正義感が強くて一本気ですが毒舌家も多いです。それに、男女ともに美男美女が多く、良縁に恵まれる傾向があります。


【社会適応性、職業運、家庭運】
物事を巧みに処理していく能力に優れており、権力、財力にも縁があるので、社会的成功運はあります。人に使われるより使う立場になって成功していく運勢です。

職業運は個性を発揮できる職種が合っています。特に7数は芸能スター運で、金属を叩いたような甲高い声を発します。故美空ひばりさんなどはその代表で、総運に27、外運に17を持っています。また女性に7系列数があれば、活発な行動派で、既婚、未婚を問わず何らかの技能を身につけ、職業婦人となる社会活躍運が誘導されます。

家庭運は男女共に自己主張が強いと、不和を生じる可能性があります。自己を抑えることが肝心です。女性は男勝りで、非家庭的な面が出ますので、家にじっとして居れなくなったりします。

(*系列の個々の数については別にまとめたいと思います)