ワンポイント姓名判断

安住紳一郎

今回は「ぴったんこカン・カン」「情報7daysニュースキャスター」などで活躍中のTBSアナウンサー、安住紳一郎さん(1973年8月3日生、今年36歳)の鑑定をします。

画数 安住さんの人運は、18画で吉となっており、忍耐強く誠実で協調性を持った平和を愛する人といえるでしょう。総運は34画、不遇運で大凶となっています。34画は3と4の組み合わせで、3は太陽を4は火種を表していますので、火と火で「焦土と化す」となり火災などに注意が必要な数となります。昔は、この数を持つと一生に一度は大きな出血があると言われていましたが、現代においては医療技術も進歩していますのであまり心配は要らないように思います。

天運13画と人運18画との関係で、上司との関係を看ることが出来ます。13は五行の火で18は五行の金です。火から金が剋されますので、上司によって枠にはめられて、自分のやりたいことがなかなか出来なかったり、成功の芽がつみ取られたりする可能性を持っています。

安住さんは、報道番組を持つことを強く希望していたそうです。しかし、バラエティ番組を中心に起用され、2005年の衆議院解散総選挙の際には、アナウンサーでは唯一選挙特番に起用されず、『さんまのSUPERからくりTV』のロケにまわされたそうです。そのため過去に出演していた番組の中で、一番思い入れのあった番組『ジャスト』の打ち切りが決定した時はショックを受け、最終回では感極まって号泣したそうですが、2008年に「情報7daysニュースキャスター」に採用が決定、大変喜んだそうです。自分のやりたいことが出来ない立場にある方で、サラリーマンの場合は、上司との関係に原因があると看ることが出来ます。