ワンポイント姓名判断

石井慧

今回は、北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで、今後の動向が注目されている石井慧選手(1986年12月19日生、21歳)の鑑定をします。

画数 石井選手の社会運は、24画、興産運の大吉です。周囲のことに気を配りながら、上手に雰囲気を盛り上げていく運勢を持っています。また親身になってみんなのことを考えるので、同僚や上司から信頼されます。石井選手はどちらかというと、北京五輪で金メダルを獲得した後のマスコミでの発言で更に注目を浴び、取材も殺到し有名となりました。それはこの社会運の、周囲を盛り上げようという運勢から来ているのかもしれません。しかし夢見がちな一面があり、現実を直視できず、気弱。一度悩み始めると止まらないという傾向にあります。

石井選手の人運は19画、障害運で大凶です。
直感力が鋭く、強情な性格の持ち主で、頭脳明晰。特に中年期に事故、ケガ、病気、災難の運勢があります。感情をコントロールすることが重要になります。19画は別名「スピード数」と云われ、特徴的なのは、運が悪ければ悪い時ほど行動し、更に周囲の人にも、その凶運を撒き散らすという傾向にあるため、大凶数とされています。
その反面、頭の良さと運動神経の良さから「天才数」と云われる一面もあり、成功しているスポーツ選手に多い画数でもあります。ポイントは忍耐力、努力です。開運方法としては、特技や趣味を仕事にすること、友人を沢山作ることです。家族の忠告はあまり聞かないが、他人の言うことには耳を傾けるという性質を持っているため、尊敬する師、友人などに恵まれると運を開花していきます。

石井選手は、怪我を恐れたコーチが練習を止めると、「練習させてくれ」と泣いて懇願することもあり、自分自身は「一本をとる技はない」、「才能はない」と認めており、その分を人一倍の努力で補っているそうです。

誰よりも真剣に努力する人に、運が巡ってくるのかもしれません。