ワンポイント姓名判断

高木ブー

今回は「ザ・ドリフターズ」の一員で、ウクレレの奏者としても有名な高木ブーさん(本名 高木友之助 1933年3月8日生)の鑑定をします。

高木さんは九星気学で看ると四緑木星。今年は変化宮に属し、その宮の名の如く変化の多い年となります。それに伴い自分自身の価値観も変わるため、「なりたい自分」に変身するには最適な一年と云えるでしょう。

画数 高木さんの社会運は17画 権威運で吉です。

特に社会運に出た場合、自分の特技や才能を仕事に生かすことで成功を収めると云われています。

会社などで求められている、必要とされていると思うと努力を惜しみませんが、気が合わない、評価されていないと分かると、強情な一面が発揮され、とことん対立するという性質があります。また女難と云われる運勢もあり、女性との関係で苦労する傾向もあります。

高木さんのお名前を看ると、地運4画悲嘆運で大凶です。親との関係が薄く、そのため他人の話よりも自分の体験を重要視し、親を頼りにしない傾向にあります。また人に裏切られても人を疑うことをせず親切にしますが、周囲の人からはそれを当然視され孤独を感じる傾向にあります。開運方法は食事と休養です。体がぽっちゃりすることで財運と家庭が安定するという独特な運勢でもあります。

高木さんは、東京ガスの内定を蹴って芸能界に入り1964年にザ・ドリフターズの一員に。「何もしない、何もできない、無能」というイメージを持たれることが多かったそうですが、リーダーであるいかりやさんは、自分から高木をクビにしようと思ったことは一度もなかったと語っておられたそうです。またウクレレやクレー射撃なども得意で今は「芸能文化人ガンクラブ」の理事長も勤めているそうです。

個性を開花した人は、人からも好かれ、更に運勢も掴みます。
鑑定士である私達も運勢を掴み魅力ある人となるためには、日々の努力が大切なのかもしれません。