ワンポイント姓名判断

柴田英嗣

今回は約3か月間の病気療養を経て、3月より仕事を再開したM―1グランプリ2004王者お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さん(1975年7月15日生)の鑑定をします。

画数 柴田さんは九星気学で看ると七赤金星。昨年の柴田さんが属していた宮は「坎宮」。この宮に入った場合、健康面において病気と縁を持ちやすいと云われています。まさに昨年の柴田さんは、「急性肝炎」で緊急入院されていましたから、健康管理を怠ってはいけない一年だったかもしれません。

今年は「坤宮」に属し、後半から運気が上昇すると云われる宮に入りましたので、夏以降から活躍する機会が増えてくる年となるでしょう。

五行 柴田さんのお名前を看ると総運36画狭情運で大凶です。義理人情に厚く話好き、頭の冴えも抜群で冷静に物事を判断します。しかし異性関係においては相当の注意が必要な運勢です。また自分自身が常にリーダーでありたいと思うためか、自分自身の策に当てはまらないとぶち切れてしまい、築き上げた信用を失くして孤独になりやすいという傾向にあります。頭の冴えを良い方向に生かすことで個性も開花されていくでしょう。

柴田さんはマルチな方で、歌声を見初められ歌手デビューをしたり、運動全般が得意で、過去にプロサッカーチームからスカウトされた経験もあったそうです。

個性を開花している人は、人を巻き込み、運を呼び込み、発展していくものなのかもしれません。