ワンポイント姓名判断

浅尾美和

今回は、全国高校バレー選抜優勝大会(春の高校バレー)で活躍し、その後ビーチバレーに転向され、いまや「ビーチバレーの妖精」と呼ばれるようになった浅尾美和さん(1986年2月2日生)の鑑定をします。

九星気学で看ると五黄土星。内野聖陽さんと同じ星ですので今回は省略し、早速お名前を看てみますと総運33画天照運で大吉です。行動力があり即断即決ができるので、人を指導する仕事などにつくことで力量を発揮します。エネルギッシュに動き回りますから、仕事においての評価も高いでしょう。しかし発言がどことなく威圧的になりやすく、人をばかにしたような会話をしやすいために誤解される傾向にあります。また人前に立つと気取ってポーズをとり、うんちくを語ってしまう一面もあるので注意が必要です。

開運方法はとにかくいばらないことです。そうすることで元々持っている勤勉さや努力する姿が周囲に伝わっていくことでしょう。

画数 美和さんの地運は17画権威運で吉です。
地運にある場合、活発な性格で負けず嫌い、人の好き嫌いもはっきりしていますが、責任感が強く、最後まで一つ一つのことをやり遂げます。

また17画は、泉ピン子さんでも鑑定しましたが「女難の数」と云われ、女性との関係で苦労しやすく、周囲からも性格に「くせ」があると思われやすいので注意が必要です。この運勢の特徴的なところは、自分の能力や才能を本当に求められていると分かると大感激して猪突猛進で期待に応えますが、逆の立場にならどこまでも対立と争いを起こすという点です。そう考えると人を受け入れることや、人を許すことで、自分の才能も求められていくものなのかもしれません。

浅尾さんは、高校在学中に2度春の高校バレー三重県代表校メンバーとして出場し高校卒業後はビーチバレーに転向し、同時にモデル業も始め、今現在に至るそうです。

人は打ち込めるものが出来ると、本来の自分自身の個性が開花するのかもしれません。