ワンポイント姓名判断

浅田真央

今回は今年も目が離せない、女子フィギュアスケート浅田真央選手(1990年9月25日生)の鑑定をします。

画数 浅田真央選手は九星気学では一白水星。今年2月4日以降は福運宮に属し、全般的に運気の良い年となります。学業や仕事など、今まで努力してきたことがそれなりに評価されます。また異性運も好調で、良い出会いがありそうです。しかし精神面においては、迷いが生じやすかったり、色んなことに手を伸ばしすぎて、「時」を逃しやすい傾向にありますので、注意が必要となります。

開運方法としては集中力を高めることです。そうすることで今一番しなければならないことが自ずと分かるため、もともとの良い運気が追い風となり発展していきます。

浅田選手のお名前を看ると、総運29画英知運で大吉です。物事の判断も速く、仕事がよく出来ます。几帳面な方が多く、責任感が強いため人望もあります。

しかし女性がこの運勢を持つと、負けん気が強く、強情な一面があります。特に異性に対して、要求心や依存心が強くなるため苦労する傾向にあります。また結婚してからは、男勝りになりやすいので注意が必要です。

ちなみに29画の方は、文筆家や書道家など、「紙」に関連した仕事に就くと成功しやすい傾向にあります。

浅田真央選手は、昨年のグランプリ(GP)シリーズからジャンプが上手く飛べず、ラファエルコーチからも、「ステップやジャンプを組み替えよう」と何度も何度も言われたそうですが、頑として「ステップもジャンプも組み換えはしたくない」と拒み、その後も変更せずに最終戦に臨み、見事優勝したそうです。

時や方向性にもよりますが、「強情」でなければ、越えることの出来ないものが、長い人生の中にはあるのかもしれません。