ワンポイント姓名判断

泉ピン子

今回は「渡る世間は鬼ばかり」の五月役でお馴染み本名武本小夜、芸名泉ピン子様(1947年9月11日生)の鑑定です。

画数 九星気学で看ると八白土星。今年は困難宮に属し季節では冬を表します。子宝に恵まれやすい年でもありますが、全般的になかなか報われにくい一年ですので、出来れば活動的なことは避けじっくりと足場を固める一年とされたらよいでしょう。

この星の性質は、責任感が強くまじめで実直、肝も座っており度胸もあります。人をおだてたり褒めたり、お世辞も上手くありませんが、その生真面目さが評価を得ます。男女とも忍耐強いため不平不満を山のように蓄積し続けます。また頑固で融通がきかず損をしやすい面があり、特に女性は男性のような役割をせざるを得ないため、苦労が耐えない傾向にあります。

お名前を看ると地運が8画根気運で吉です。食べることが大好きで、感情豊かな方が多く、生涯小銭には困らないと云われています。ちなみに地運が8画の場合、幼年期に苦労させることが重要になります。

なぜなら五行で例えると8は金(陰)で加工された金、貴金属などを表しますから、環境や人の手によって形を変えていかなければ、本来の輝きが出ないと云えます。そのため逃げ出さずに努力することにより、大きく個性が開花されるといえるでしょう。

家庭運、総運17画権威運で吉です。総運は木に例えると根や土台を表し、重要な箇所となります。

性質は生真面目ですが、多少偏屈なところもあり、張らなくてもいい意地を張って周囲と対立することがあります。この17画は別名「芸能数」。人前でマイクを握ると豹変し、場を盛り上げたり歌うのが上手だったりするため、芸で身を助ける運勢と云われます。また17画は「女難の数」ともいい、女性との関係で苦労される方が多い傾向にあります。特に男性は女性に対して要求が強くなりがちです。女性は同性からの嫉妬など人間関係で苦労する方が多く、家庭運にある場合身内の女性や年下の女性から、社会運にある場合職場や目上の女性からと、心労が途切れることがありません。そのため同性の中でハッキリ評価が分かれ、嫌いな人は何をしても嫌いますが、逆に可愛がってくれる人はどんな状況になっても可愛がってくれるという運勢の性質があります。

泉さんはデビュー当初歌謡漫談家やレポーターなどの仕事をされていたそうですが、今や女優となられました。本人はいつも周囲の人に「女優になりたい」と口癖のように言っていたそうです。
自分の思いが相手に伝わることで、人生も大きく変わっていくのかもしれません。

*本来芸名や雅号は総画が重要ですので、一般的に他の画数は気にしません。