ワンポイント姓名判断

宮崎あおい

今回はNHK連続テレビ小説「純情きらり」でヒロインを演じている宮崎あおい様(生年月日1985年11月30日生)の鑑定をいたします。

画数 宮崎様は九星気学で看ると六白金星。初回の久保選手と同じ星です。女性の場合、異性との関係で苦労が耐えません。責任感が強いため仕事でそれなりの役職に就き成功するのも特徴ですが、気性が激しい一面があり語調がきつく、男性を立てる事がとても下手です。逆を言えば女性らしさを活かすことで本来の優しさが滲み出て上手くいくといえるでしょう。

お名前を看ますと、地運が9画激動運で大凶です。成功している方にも出てくる運勢でもありますが、犯罪に巻き込まれたりする方にも出てくる運勢です。幸不幸がはっきり出やすいと云えるでしょう。画数の中で五大凶数といえば9、10、19、20、28ですが、この運勢は舵取りが難しいために波乱万丈の人生を歩まざるをえなくなります。

また地運全てが平仮名やカタカナのお名前の方は大変気が強く、色々なトラブルに巻き込まれやすい傾向にあると云われています。

外運16画衆望運で大吉です。義理人情に厚く面倒見がいい気質があり、またこの16画も32画同様お酒や異性と縁が多い傾向にあります。五行で看ると6は土(陰)で痩せた土地を表し、沢山の種を蒔かれても全てを育てきれないため、種を選択せざるを得ない土地と看ます。この場合の種は人を象徴しますから、人の好き嫌いがハッキリしている傾向にあります。

外運にある場合情熱的で思い込みが激しい一面があり、これと思ったら一途に極めていきます。

五行 9:15 2009/10/21 義理人情が厚いため一度恩を感じたら、例え周囲が反対しても縁を持ち続けます。また外見はガッシリしている、肝が据わっているなどと見られますが、一度失敗すると深く考え込み自分自身を追い詰めてしまうため注意が必要です。

宮崎様はNHKの「ちょっと待って、神様」の演技が高い評価を得てNHK朝の連続テレビ小説のヒロインに抜擢されたそうです。

女優としてこの若さで評価されるというのは、一途に極めていく16画が影響しているのかもしれません。

最後に思い込みが激しいというのも、相手の立場で考え、思いを寄せることが出来れば、それはそれで素晴らしい運勢や出会いに変わるのではないかと思うのです。

運勢はどの方向に進みたいのか、どんな目的を持っているのかが重要なのかもしれません。

※1 宮崎あおいの「﨑」は旧字です。
※2 本来芸名や雅号は総画が重要ですので、一般的に他の画数は気にしません。