ワンポイント姓名判断

みのもんた

今回はTVでこの方の顔を見ない日はないという本名御法川法男(みのりかわのりお)、芸名みのもんた様(1944年8月22生)の鑑定です。

画数 生年月日から看ると二黒土星で巻選手と同じ星ですので今回は省略し、早速お名前の鑑定に入ります。みの様の場合、本名より芸名の方が周囲の人達にも浸透していますから、芸名の運気が強く出ると云えます。芸名で看ると総運13画人気運の大吉です。適職はタレントですから今の仕事はあっているといえるでしょう。13画は人懐っこく、人を盛り上げたり喜ばせたりが上手という特徴があります。反面自分を中心として盛り上がらないと嫌がるかと思えば、逆に気を遣い過ぎて煩わしくなり、人との交際を疎遠にしたがる一面もあります。

みの様のお名前をみると4、9と大凶数が多いのも見逃せません。4は火(陰)でろうそくという意味があり、自分のことよりまわりのために尽力しますが、その割には報われにくい事が多い傾向です。

9はスピード数ともいいますが、色情やお酒とも縁があるのも特徴です。頭の回転も早く状況判断も的確なために、逆に機転の利かない環境や状況になると苛々し感情的になりやすく、また自分が嫌いな人に対して、表立って嫌うのではなくじわりじわりと窮地に追い込んでいくため、敵に回すと怖いタイプと云えるでしょう。
家庭運に10画極端運で大凶という運勢が出ています。

五行 五行で0は水(陰)。水溜り、霧などを意味します。同じことを飽きもせず、コツコツと続けるという性質があるため、専門分野で活躍する方が多いという特徴があります。些細な事に対し執念深く思い込んだかと思えば、逆にむら気、無関心といった極端なところもあります。また本心を言わないために、周囲の人からは掴みどころがなく付き合いにくいという印象を与えます。

ちなみに家庭運が凶や大凶で社会運が吉や大吉の方は家よりも仕事、家に居ても仕事、仕事中心に過ごし、結果仕事で認められることが多いのが特徴です。また過剰なほど他人からの評価が気になり気遣うのですが、逆に家庭は二の次で省みないという傾向にあります。みの様は還暦を過ぎても今尚現役でいらっしゃいますから、仕事で高い評価をうけておられるのではないでしょうか?

最後に10画は大凶の中でも更に強い大凶で、名前にこの画数を持たないほうがいいと云われる運勢です。それは常に苦労が耐えないからです。

しかし苦労した分だけ情け深く、そのため一生を通じての親友と出会うことが出来ます。
それはある意味お金では買うことの出来ない素晴らしい運勢でないかと思うのです。
*本来芸名や雅号は総画が重要ですので、一般的に他の画数は気にしません。