九星の象意とその性格

一白水星

【象意】 坎。水。北。冬。十二月。子。部下。

【人の性格】思考型で行動型ではない。辛抱強い。しっとりしている。裏工作をする。表面は落ち着いている。秘密主義で心の中を軽々しく打ち明けない。物事に凝り性である。細かいところがある。企画性がある。頭の回転が速い。苦労性で神経質。無口。変なところで片意地を張る。感覚的に鋭い。気位が高い。深い交わりを好む。一人を求める。不純な交際に陥りやすい。セクシーな面がある。

長所 頭脳もよく器用である。細やかで注意深い。辛抱強い。

短所 困ったり悩んだりしても人に相談できない。忠告や助言を受け付けない偏屈さがある。


易の坎( )の卦よりきています。坎とは水のことです。水は万物を潤して生物を育てる力があります。「坎」という字は、「土を欠く」と書きますが、土を浸して低きに流れる水を表現したものです。また、( )の象は一陽( )が二陰( )の中間にはさまれている形象で、陽気を発揮しない象で、困難に陥って悩みが深い状態です。ですから悲しみの星、困難の星、苦労の星、水害の星を意味し、病難、貧乏、苦悩を表示します。運勢は「池の中の竜が雲の来るのを待って水中に潜んでいる状況」になぞらえられます。

天象 雨、雪、霜、露、寒気、大雨、水害、闇。

地理 北方、河川、江湖、渓澗、井戸、湿地、水気ある低地、下水、池、洞穴、滝、凹地

場所 地下室、穴蔵、井戸端、流し場、淫売屋、遊郭、葬儀場、告別式場、通夜の場所、宴会場、水道局、消防署、温泉場、水族館、病医院。

人物 中男、船員、船頭、盗賊、囚人、悪人、病人、盲人、姦婦、淫婦、色情狂、死人、智者

身体 耳、血、腎臓、肛門、陰部、汗、涙、脊髄、鼻孔、関節。

病気 耳痛、腎臓病、冷え症、水腫、憂鬱症、性病、痔疾、酒毒症、子宮病。

食物 酒類、サイダー、その他の飲料水、牛乳、海苔、昆布、生魚、豚肉、塩、醤油、塩漬物、塩辛、人参、玉葱、蓮根、芋類、豆腐、水中の物、骨のある物、落花生。

品物 帯、紐、袴、スカート、羽織紐、針、酒器、液体、インク、墨汁、塗料、石油、ガソリン、ニス、コールタール、ウルシ、毒薬、水気のある物、弓、曲げた物。

動物 水中のもの、オタマジャクシ、魚類、四ツ足の動物、狐、豚、馬、ねずみ、蝙蝠、鳥類。

植物 水中の植物、湿地帯の植物、寒気中に生成する植物。

家宅 北向きの家、水辺の家、湿地帯の家、料理屋、喫茶店、質屋、病院、日当たりの悪い家、湯屋。

職業 洗濯屋、染物屋、酒屋、漁師、牛乳屋、湯屋、魚屋、肉屋。

時序 冬、子の年、月、日、時。

方位 北(子の方)

数理 一、六

雑象 交際、関係、秘密、情交、溺れる、マニヤ、隠れる、悩む、考える、思う、憂う、愁い、愛す、敗れる、哀れ、疾む、泣く、濡れる、陰のこと、毒、好む、法律、人情、苦情、流れる、宴会、企てる、落ち込む。