姓名鑑定スキルアップ講座

陰陽五行「水」

水は、易卦では坎を表し、五常では「智」・五情では「哀」を表しています。また、水の現象としては、川や海や雲や雨や水滴や湖といったものを現しており、冷やす・流れる・考えるなどの現象として表れています。

このような水の内容が、良い方向で内面的に働くと頭脳明晰で計画的に物事を進め、企画を成功へ導く力を持っています。

また、愛情が豊かで、周りに対して気配りが行き届く為に人との交流が活発となります。また、機敏性に優れている為にスポーツなどにもその良さが出てきます。

また、欠点としては、頭脳明晰であるが、自らの考えと行動が伴わない傾向が出てきますので、人から誤解を招いたりします。また、悪巧みに走ったりして人を利用したり、理屈が多く周りから不信を招いたりします。下手をすると、孤独に陥り、心を閉じてしまうこともあります。

姓名鑑定の天運・人運・地運・外運に、「29」とか「39」といった数字が集中している場合は、全部「吉」でありますが、頭脳明晰と言った良い面も当然表れてきますが、水同士なので水の掛け合いとなり、相手に対して冷たくあたる関係となります。そのことから、健康面ではストレスから来る精神疾患や病気に注意が必要です。

五行と季節
図1

五行
図2