姓名鑑定スキルアップ講座

陰陽五行「木」

易で木は震・巽となりその意味合いが表れてくるようになります。雷や電気や震動、激しく動くものを表現しています。春の季節を表し、伸びる・進む・出発・創意工夫・前へ出る・といった意味合いと、大風呂敷を広げる・血気怒気・出しゃばり・ヒステリックなどの意味合いが出ます。

また、木は仁の意味があり、思いやり・いつくしみ・なさけ等です。

特に性格などを判断する場合は人運を中心に看ていきますが、この五行の意味合いが良く出てくるところです。人運が数意の五行が吉であったり、三元五行でサポートされている状態であった場合は、プラス面が表れます。例えば、創意工夫が良くできる・新しいことにチャレンジする心・決断が早く的確・慈愛心あり・正直・部下に対する思いやりあり・部下の面倒見がよいなどの良いところが性格として表れます。しかし人運が凶であったり、三元五行でサポートされていなかったりすると、血気怒気に走る・利己主義に陥いる・大風呂敷を広げでほら吹く・傲慢になる・威張りちらす・自尊心が強くなり素直になれない等のマイナス面が出てきます。以上の内容は、五行の陰陽という観点では、考慮しておりませんが、大まかな性格を判断するには、便利な方法です。

五行と季節
図1

五行
図2