姓名鑑定スキルアップ講座

三元五行の鑑定法

一般社団法人 フォーチュン・ラボでは、三才のことを三元と表現するように致しました。意味は全く同じ内容で、天人地をあらわしています。
今後、一天八卦に掲載する内容、または認定研修会等で三元五行と表現していきますが、三才のことですのでご理解下さいますようにお願いします。

図1 図2

基本的に、外運との関係に於いては人間関係の内容を判断するようになります。外運は、人に与える第一印象や、対人関係・家族関係を看ていくところです。例えば、洩気Cの場合、人運が木で外運が火の場合、木生火となって相性は洩気となり良い関係となります。その為、人運・外運に凶があったとしても、その数意の凶の意味合いが出にくくなります。かえって、凶数の良いところがあらわれたりすることがあります。また、人に対してエネルギーを与える立場となって、良い友達関係を築けます。相生Cの関係の場合は、友達から愛される立場に立ちやすく、外運が吉数であれば更に吉の数意をサポートする立場となって、恵まれた人生の中盤を迎えることが出来ます。

(注)五行三才の関係の見方は、あくまでも補佐的に考えて下さい。数意を主体として考え、その数意が表れやすいか表れにくいかの判断の参考に使用いただければと思います。