陰陽五行姓名判断

松坂大輔

今回はボストン・レッドソックスの松坂大輔選手28歳(誕生日1980年9月13日)の鑑定をさせていただきます。

画数 陰陽五行 さて松坂選手のお母さんは、1980年に大旋風を巻き起こした甲子園のエース、早稲田実業の荒木大輔選手の大ファンで、荒木選手のように甲子園やプロ野球で活躍できるようにと、親の願いをこめて大輔とつけました。子供は、名前を通し親の願いを知り、無意識のうちにその願いにこたえようと努力するものです。姓名に秘められた運勢は、命名と同時に文字の霊数が働き、人間の性格や意志力を左右し、人間の運勢に影響を与えます。松坂選手は親の願い以上の結果を甲子園やプロ野球でも残しています。

具体的に、三元五行を中心として鑑定をしてみましょう。人運を中心として、天運・外運・地運の関係で看ます。人運と外運の関係をみると、水生木で相生の関係で水は木を育てると看ます。自分が(水)で気の合う相手(木)の存在を見つけると、人運10(水)(極端運)は極端な性格が出ます。集中力は抜群で、周りのことを忘れてしまうくらいです。外運22(木)(孤独運)は野の草花のごとく優しく温和な性格持っていて、人に安心感を与えますが、反面、他人に気を使い神経質な面があり寂しく孤独な人生を暗示しています。また美男美女が多いのも特徴です。10も22も陰の数なので孤独や寂しさを感じますので、対人関係では寂しさを開放してくれる人を求めて極端な行動をとってしまいがちです。松坂選手は、仕事運も18で吉、家庭運24で大吉ですが、寂しさや孤独感を支えてくれ、また埋めてくれる家庭を優先するようになるでしょう。