陰陽五行姓名判断

みのもんた

今回は、みのもんた(御法川法男)さん(誕生日1944年8月22日)63歳の鑑定をさせていただきます。 画数 画数 陰陽五行 愛称「みのさん」の芸名の名付け親は、野末陳平さんです。由来は当時、御法川を略して「みの」と呼ばれていて、申年生まれという事と当時人気だった競走馬「モンタサン」に掛けて「もんた」と付けたそうです。

図を見ていただけると分かるように、芸名の「みのもんた」は7運のうち6運は大凶です。芸名や雅号は人運や家庭運は看ません。

総運だけを看ます。みのもんたさんの総運は13(人気運)大吉です。みのもんたさんの一日のスケジュールは3時起床、3時半出発、4時半TBSリハーサル、5時半~8時半生放送、8時半から11時移動他、11時日テレリハーサル、12時~14時生放送、15時~17時広尾のジム、18時~21時半局入り収録、21時半~22時半食事、帰宅24時就寝と睡眠時間2~3時間と凄い人気で活躍中です。

みのもんたさんの九星は二黒土星です。本命星からの性格を看ると温和で優しく、思いやりがあり母のように人の為に尽くす縁の下の力持ちです。

また努力家で黙々と物事を進めていくタイプで晩年になって成功を収めます。人の心を掴むのが上手でトップに立つより、ナンバー2の立場で才能を発揮されるようです。

財運を知るには男性の場合、外運で看ます。外運が吉数であれば、あまりお金には困らないと看ます。ただ外運が吉数であっても、家庭運が凶数であればお金が入ってきても浪費が多く、お金がたまりません。一方外運が凶数ならば、財運がなく財が流れやすい運気があるので、注意が必要と看ます。

御法川法男さんの外運は27(非願運)で凶、家庭運も26(波乱運)の半吉です。財運がなくお金が入ってきても、浪費が多くお金がたまらないと看ることができますが、五行の観点からみますと、外運27(金星)が人運11(木星)で金剋木の関係になっています。木が犠牲になって金属に切られると家具や家ができます。木は金属に切られることによって新しい創造が生まれ結果的に木が生かされるわけです。このように自己犠牲とお互いの為に生きる姿勢を持つことによって相剋を吉に変えて発展することができます。前号に記載されているように睡眠時間2~3時間と剋されていますが、断らず感謝して仕事をされているせいでしょうか。2004年と2005年の長者番付芸能人の部では一位でした。